鳥取県米子市の 補聴器の店 補聴器YONAGO 米子補聴器

ご家族の方へ

  聞こえの衰えは年を重ねるにつれ、だれにでも起こること。

一般的には、ゆっくり時間をかけて進むため気がつかないことが多いようです。問題は音が聞こえることと、言葉が理解できることとは別のことなのです。聞こえが正常であれば、誰でも外国語を簡単に理解できる訳ではないことはご承知のとおりです。言葉に不自由がないということは、日々、会話などによってことば(音)を分析する学習をしているためなのです。

一般的に高齢になると、どうしても生活環境の変化(退職、子どもの独立など)により、会話の量が減少します。さらに、聞き間違いなどにより、無意識に会話を避ける(聞こうとしない)ようになることが多いようです。

その結果、聞こえの変化(低下)以上に急激にことばが理解しにくくなります。それはまた、単に聞こえの低下が、判断力の低下、自信の喪失、他人からの誤解など、日常生活において重大な影響を招く恐れがあります。

ご家族の方は難聴の症状、高齢者の気持ちを理解し、少し気配りをしてあげることで、とてもよい関係ができます。

 img-6.png30余年補聴器にたずさわって学んだことは、調整技術は大変難しく、単にフィッティングの技術では解決できない事に気づかされました。個々の生活様式のちがい、年齢や効果や能力のちがいを分析し、総合的な技能、豊富な経験をもとにしたカウンセリング等が必要です。

 当店の認定技能者は、こういったご家族の方やまわりの方へのアドバイスを含めた相談も行っております。

初めての方、今まで色々相談や試したがどうもしっくりこなかった方等、来店してよかったと思っていただける店を目指しております。

  • ご提案
  • 最近耳が遠くなったと感じたら
  • 聞こえについてのご相談お気軽にどうぞ。
  • 補装具費支給制度について
補聴器の店米子にメールを送る